スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012・夏 とちぎへ

こんばんは*。

朝晩の風がすずしくなって、空もぐーんと高くなりましたね。
秋がやってきたのだなぁ・・・

038_convert_20120902140800_1.jpg


なんて言いながら、季節はずれなヒマワリの写真。
ぐりんぐりんと好き勝手咲いていたヒマワリ軍団です(笑)

きちんと整列して太陽に向かって咲いている向日葵畑もすてきですが
こういう野性味あふれる感じ、なんだか話しかけてしまいそうになります。



そんなことを思い出してにんまりする秋の入り口。

夏の思い出、つづけましょう。
今度は8月、とちぎに行ってきたときのこと。

じつは宇都宮には4月にもふらりとおでかけしていたのですが
今回はそれよりもちょっと遠く・・・あこがれの地、那須へ。


021_convert_20120902134941_1.jpg

たのしみにしていたこのまんまるを切り崩してもぐもぐ^^

100_convert_20120923203724_1.jpg

今回はよくばりなcafeめぐりの旅。
こっちにもお邪魔したのです♡*

069_convert_20120902141301_1.jpg

さわやかな滝もたのしんだ◎゜



週があたらしくなってお仕事が始まると
まったくもってblogに手をつけられなくなるしろくまですが
秋をたのしみながらのんびり夏の思い出に浸ってゆきたいと思います。

夏の後半もね、すてきなところに行ったのですよ~^^


いまは秋の旅行の計画をたてながら、楽しみすぎてじたばたしてます。
ふっふっふ

さあ、今週もがんばらなくっちゃ。



あそびに来ていただいてありがとうございました♡*


スポンサーサイト

CAFE ARTISTA*宇都宮

栃木旅行の最後を締めくくるは
独特な世界観が印象的な、ARTISTAさん。




あまり空腹でなかったのでまずはアイスティーを。


静かな店内であちこちのインテリアを
眺めているだけで、すごく楽しい。

なんだか『ライオンと魔女』みたいな
不可思議さと子どもみたいなわくわくが溢れていて。
(…なんて、児童文学に例えたりしたら
デザイナーさんに怒られてしまうかしら。。)

背筋が凍りそうなヒヤッとする感覚と
冒険しているようなどきどきが
共存している独特な不思議空間でした。



日が落ち始めるとだんだん空いてきたので
隣のカウンターへ移らせていただきました。
(ありがとうございました^^)
食事も追加でいただきます。


*キムチカルボナーラ



*栗のポタージュ



写真では分かりづらいけれど…
窓に映る雨の雫も、背景が違うだけでこんなにも
絵になるものなんだなぁと…。
そのうち部屋の灯りも一緒になって、
眺めているだけで、もう楽しくてたまらない。

窓に向かったカウンター席って、やっぱり特別。





ごちそうさまとお礼を言って少し重い扉を閉じると、
「ああ、おしまいなんだ」って、本を読み終えた時みたいに
なんだか少し寂しい気持ちとスッキリとした満足感でいっぱいになったのでした。

旅の終わりに選んだカフェがここで良かった。




何時も庵*日光

出かける前からずーっと、楽しみにしていた
何時も庵と883歩の箱ノ森の散歩道。

この日も生憎の台風で、雨が降ったりやんだり…。
流石に無理よね…と諦めていたのですが
相方さんから「とりあえず行ってみようよ!」と嬉しいお言葉。

なんとか晴れているうちに到着です!

駐車場には鶏さんたちが元気に鳴く声が響き、
手前の広場ではドッグランを楽しむ
ツワモノもいらっしゃいました。

雨に降られる前に、と急いで向かうと、

巨大カマキリ殿がお出迎え!カッコイイ~!



何時も庵さんの奥には箱ノ森の里山をそのまま生かし、
散歩道を増設した「883歩の箱ノ森の散歩道」が広がっております。

途中雨が降ってきてロクに写真を撮ることができなかったので
オーナー様のブログから写真をお借りして…


この写真は紅葉しているから
もう少し先の季節の頃、ですね。


こんな風に懐かしさの溢れる自然豊かな散歩道。
木道にはどこかのローカル線の枕木を使用しているとの事。


この写真、ツボでございます(*≧∀≦*)
駐車場付近で鳴いていたガチョウ君たちの幼き頃!

*画像をお借りした何時も庵さんのブログはこちら。
 里山の四季の風景などが綴られています。
*お店の情報はアメブロなのかな?→こちら。


お散歩中、早々に雨が降ってきたので
すぐに何時も庵さんへ避難。。。

*かき氷 アイリッシュクリーム

氷は松月氷室さん(記事はこちら)の天然氷を使用。
アイリッシュクリームのかき氷なんて初めて。
甘くてほんのりオトナな味。美味しかったです。


猪倉のみえこさんの手作りケーキ。
この日は紅茶のシフォンでした。


もちろん珈琲も。

日光珈琲、饗茶庵さんの珈琲を使用されているのだとか。
カップも一日目にいただいた日光珈琲さんのものとおなじ!



松月氷室さんといい、日光珈琲さんといい…
何時も庵さんには日光のステキなものが
たくさん集まっているのですね(*^^*)


自然の豊かな里山のなかにところどころ遊び心も忘れない、
いるだけで楽しくなってしまう何時も庵さん。
今度は晴れた日に伺えたら良いな。

ごちそうさまでした。



日光珈琲*日光

日光に行ったら絶対と思っていたカフェ。


日光珈琲さんです。
鹿沼にある饗茶庵さんの姉妹店。
鹿沼にも行きたいなー


日光珈琲ブレンドとアイスオレ。


アイスドリンクの氷にも天然氷をつかっているんですって。
そう聞くとなんだか、氷が一際美しく
目に映るような気がするわたしは単純??

日光珈琲さんでいただけるのは、四代目徳次郎さんの天然氷。
かき氷もやってらしたのでいただいてしまいました。


オーナーさんおすすめだというブルーベリーのかき氷。
シロップはかなり甘かったのですがそれが逆に良かったのかな…?!
それともかき方の問題??
わたしにはよくわかりませぬが、とーってもジューシーな氷!!
じゅわ~っと口の中が潤っていきました。



日光珈琲さんでのんびりしていると
突然けたたましい雨の音。
台風再来です。

もう少しおとなしい雨だったら
それはそれで風情がありそうだったのですが…
まあこれはこれ、ですね(´`)
台風で空いていたからこそ、お客さんも少なくて
ある意味お店の雰囲気そのものを味わえたとも言えるかも^^

ごちそうさまでした(*^^*)


小休止のうか*日光

"のうか"の縁側でひとやすみ。


二日目のお昼に伺ったのは、日光市の小休止のうかさん。
(しょうきゅうしではなく「こやすど」と読みます。)
観光地らしさのある賑やかな日光から
すこしローカルな土地へ行ったところに。




*小休止すぺしゃる(\1600)



お味噌の焼おにぎり。


ほつほつと細切れのお蕎麦。
田舎のおばあちゃんが打ってくれたような
イメージのやさしいお蕎麦でした。


たっぷりの山菜天ぷら。
山椒塩がナイスです。


日光ということで(?)湯葉刺し。



お料理も雰囲気もお店の名前そのもの。
田舎の親戚のお家に遊びにきたような
のどかで懐かしいじかんでありました。


ごちそうさまでした。


プロフィール

しろくま

Author:しろくま
*このブログについて
 →【はじめに。】

*しろくまさん:
ヒネクレモノで偏屈。
人生のなかにカフェがあってよかった、と感じている。

*クジラくん:
しろくまさんの相棒。
かき氷が好き、カフェもけっこう好き。
よく写真を撮ってくれている。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。